マラセチア増殖の原因

粃糠性脱毛症のフケ、痒み、抜け毛の原因は頭皮にいる常在菌のマラセチアが異常に増殖することによるものがほとんどです。では普段は特に悪さをしないマラセチアがなぜ異常なまでに増殖してしまうのか、ということを解説していきます。

暑い時期にマラセチアが増えやすい

夏場になると湿度と気温が上がって、皮脂分泌量も汗も増えます。そして髪の毛が坊主出ない限りは頭皮は群れてしまいます。この状態でマラセチアが増殖する可能性が高くなるのです。この予防対策としては、常に清潔な状態に戻すということです。汗をかいて頭皮が群れていたりするのにもかかわらず放置するなど頭皮の状態が不衛生になれば当然マラセチアが大量に増えてしまいます。

ビタミンBと亜鉛が不足するとマラセチアが増殖する

もともと粃糠性脱毛症や脂漏性皮膚炎の治療では飲み薬としてビタミンB群が多く配合された薬を出されて毎食後飲むことになります。これによって皮脂分泌量が抑えられます。ということは、マラセチアが増えた背景にビタミンB群不足で皮脂分泌量が大量に増えていた可能性が高いということです。

また亜鉛は育毛にもとても重要な栄養素ですが、これが不足することでフケが増えてしまいます。もともと亜鉛は血中でフケ予防としても働いているそうなので、毎日欠かさずにビタミンB群と亜鉛のサプリメントを飲み続けると良いでしょう。

特に粃糠性脱毛症になってしまうとフケもそうですが抜け毛がすごくてどんどん薄毛が進行していきます。そのためにもビタミンB群で清潔な頭皮の維持をして、亜鉛で髪の毛を作るための栄養素に加えフケ予防のためにも利用できるようになればマラセチアの増殖も抑えることが可能です。

糖分の取り過ぎ

糖分を摂り過ぎると皮脂として多くが皮膚の外に出てきます。糖分というのは当然砂糖もそうですが、炭水化物も糖化しますので、例えばジュースの飲み過ぎ、お菓子の食べ過ぎはよくありません。ニキビの時もそうですよね、甘いモノは良くないと言われます。

さらには米、パスタ、芋類なども炭水化物なので食べ過ぎると皮脂分泌が活発になるためお薦めできません。普通に食べているぶんには良いですが食べ過ぎはマラセチアの増殖を助けてしまう可能性があるのです。

当然ですが、油を取り過ぎても直接皮脂の過剰分泌の原因になりますので注意してください。

ストレスが原因でマラセチアが増殖

ストレスが増えるとマラセチアが増えるのではなく、ストレスによって体調が崩れることに酔って頭皮の状態が悪化してしまうということです。例えば体の酸化などがおこりやすくなったり、抵抗力が落ちるなど、マラセチアだけでなくほかの病気にもなりかねません。

ストレスが加わるだけで粃糠性脱毛症になるわけではありませんが、常に大きなストレスが掛かった状態が続けばマラセチアが増える原因になり、粃糠性脱毛症が起こります。

シャンプーによってマラセチアが増殖

男性の場合は特に皮脂除去の効果のある洗浄力が高過ぎるシャンプーを使うことで皮脂汚れを落とすことができますが、これによって皮脂がなくなると余計に皮脂分泌が促されるため皮脂が多くなりマラセチアが増殖しやすい状態になってしまいます。

また洗浄力が高すぎて頭皮に負担がかかってしまうことも原因のひとつとして考えられます。シャンプーはアミノ酸系の洗浄成分のものを使うようにして、頭皮はこすらずもみ洗うようにしましょう。

毎日1回夜にシャンプーして清潔な状態で眠るようにするとよいでしょう。髪の毛を洗った後は放置せず、タオルドライしたあとにできるだけ早くドライヤーで頭皮まで乾かしてください。水分が残っていると雑菌増殖とともにマラセチアも増殖します。

フケ、痒み、カビ菌殺菌の粃糠性脱毛症用シャンプー

粃糠性脱毛症の定番!フケ・かゆみを防ぐ抗カビ成分配合のシャンプー&リンス
コラージュフルフルネクスト
 
粃糠性脱毛症の原因であるマラセチアの菌を殺菌し、皮脂、汚れをキレイにしてフケ・痒みを解消する定番シャンプーの最新版です。頭皮の痒みやフケの定番ですが、粃糠性脱毛症のようにマラセチアなどが原因の場合に最適なシャンプーとして昔から愛されるシャンプー。粃糠性脱毛症予防にも使えます。
頭皮のフケが出てカサカサしている場合は乾燥用を使ってください。

コラージュフルフルネクストの詳細はこちら