粃糠性脱毛症のシャンプー方法

粃糠性脱毛症はシャンプーをしても特に治るものでもありませんが、もし粃糠性脱毛症が治った後、また再発しないようにするにはどうすればよいか、また粃糠性脱毛症の治療中のシャンプーはどれがお薦めでどのようにしてシャンプーすればよいか、などを詳しく解説していきます。

市販シャンプーは頭皮に悪い

フケ、痒みが出ているのだから市販の男性用育毛系シャンプーを使う、これが最大の間違いです。そもそも皮脂を除去する効果が高すぎる石油系合成界面活性剤が洗浄成分に温まれているため余計皮脂を取り過ぎてします。

頭皮が乾燥し、そしてフケが大量に出ます。また頭皮が乾燥するということは頭皮には皮脂バリアがなくなってしまうということで湿疹が起きやすかったりします。

殺菌系シャンプーとアミノ酸系のシャンプーがベスト

医師もお薦めするのが低刺激アミノ酸系シャンプー

皮膚科に行った時も医師に言われましたが、粃糠性脱毛症の予防にはアミノ酸系のシャンプーがベストです。石鹸で洗うのもいいですがこれもまた頭皮を乾燥させるほど汚れが採れすぎてしまうので妥当ではないでしょう。

アミノ酸系シャンプーは余分な皮脂だけを取り除き、頭皮に対して刺激が少ないことが特徴で、育毛シャンプーはほとんど全てがアミノ酸系の洗浄成分が配合されています。

私は抜け毛が増え、大量のフケが出ていると気になり始めてから育毛シャンプーを使っていましたが、毎日フケは変わらずに大量に出ていましたので、アミノ酸系シャンプーは粃糠性脱毛症自体に効果はありません。

粃糠性脱毛症が治り、その後頭皮の状態を健康にキープするためにはアミノ酸系シャンプーが必須だなと思いました。これは皮膚科の医師もアミノ酸系シャンプーを使うのは良い、と言っていたためです。あ、自分がやってきたことは間違ってなくてよかった、と思いました。

殺菌系シャンプーは粃糠性脱毛症の定番シャンプー

粃糠性脱毛症はマラセチアという真菌によって痒みが多くなり脱毛していきますが、このカビ菌を殺菌するための殺菌作用入りシャンプー、コラージュフルフルネクスト 薬用シャンプー&リンス がお薦め。カビ菌自体を殺菌しつつ、洗浄成分はアミノ酸系シャンプーになっているので粃糠性脱毛症の世界では定番になっています。

基本的に日々のシャンプーで使うことで粃糠性脱毛症を予防することが可能です。皮膚科で改善し始めたらこのシャンプーを使い続けるのが基本です。

頭皮を擦るようにシャンプーしてはダメ

皮脂やフケ、汚れを落とそうとして、指の腹で頭皮をシャカシャカと擦っている人がいますが、これは抜け毛の元です。擦れば頭皮や毛穴がキレイになるわけでもなくて、頭皮に指の腹をぴったりとくっつけて頭皮を動かしたり揉んだりして毛穴から汚れを出していきます。

頭皮をこすると、生えてきた新しい細い髪の毛が毛穴から簡単に抜けて落ちていきます。これだと新しい髪の毛が太く長くなる前に抜けてしまうのでどんどん薄毛が進行します。特に粃糠性脱毛症の場合は抜け毛の量も多いため、シャンプーで血行促進も含めて擦らないようにすることが大切です。

頭皮を揉むことに酔って頭皮の血行が良くなって、脱毛していた部分にも数ヶ月続けることで新しい髪の毛が生えてくる可能性もあります。

フケ、痒み、カビ菌殺菌の粃糠性脱毛症用シャンプー

粃糠性脱毛症の定番!フケ・かゆみを防ぐ抗カビ成分配合のシャンプー&リンス
コラージュフルフルネクスト
 
粃糠性脱毛症の原因であるマラセチアの菌を殺菌し、皮脂、汚れをキレイにしてフケ・痒みを解消する定番シャンプーの最新版です。頭皮の痒みやフケの定番ですが、粃糠性脱毛症のようにマラセチアなどが原因の場合に最適なシャンプーとして昔から愛されるシャンプー。粃糠性脱毛症予防にも使えます。
頭皮のフケが出てカサカサしている場合は乾燥用を使ってください。

コラージュフルフルネクストの詳細はこちら